ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

職歴がないと転職エージェントに断られることはあるの?

職歴がないと転職エージェントに登録ができないという噂があります。実際のところキャリアが浅い場合、転職エージェントへの登録許可が下りないということが稀にあるそうです。しかし転職エージェントによって審査内容は様々です。

 

職歴やキャリアがないけど正社員になりたい!そう思う方は多いかと思いますし、その為に転職エージェントを利用したいと考える方も多いことでしょう。

 

仮に1社登録できなくても、他のエージェントでは登録ができることも多々あります。私自身、短期就労が多かった上に転職回数も多かったのですが大手エージェントにも登録することがができました。もちろん、しっかりと求人も紹介してもらえ就職もできました。

 

最近では、キャリアの浅い既卒や第二新卒、ニート・フリーターに特化した転職エージェントやポテンシャル採用をメインとした転職エージェントも数多く存在しています。

 

職歴やキャリアに自信がない人は、このような転職エージェントのサポートを利用すること就職・転職成功の可能性が高くなります。

業種特化型エージェントへの登録は難しい?

就職活動・転職活動をする中で自分が進みたい業界や業種があると思います。そこで利用したいのが業種特化型転職エージェントです。キャリアプランのイメージが明確である分、あなたが転職活動で希望している条件や企業に就職しやすくなります。

 

しかし、業種特化型の転職エージェントは具体的なキャリアやスキルが求められることが多く、未経験の場合は登録できないといった場合もありますが、中にはポテンシャル採用を見込まれて登録が可能な場合もあります。

 

なお、転職エージェントに登録をする際には、もし現在勉強中のスキルがあるのであれば必ず記載するようにしましょう。たとえ人に誇れるような職歴がなくても、スキルがあれば、もしくはスキルアップに取り組んでいるのであれば、紹介求人への内定も見込めると判断されて登録に有利になります。

 

とにもかくにも、エージェントの目に魅力的に映る人物であることが一番大切なことになります。

 

転職エージェントの登録基準は各社独自のものですので、仮に登録を断られても他社のエージェントには登録が可能な場合があります。また、そのような不安を感じられているのであれば、職歴・キャリアが浅い人向けのエージェントも合わせて活用することをおすすめします。

転職エージェントにスキル不足と言われてしまったときは?

転職エージェントから「スキル不足」を指摘されることがありますが、その場合は残念ながら求人を紹介してもらえなかったり、求人に応募できないことがあります。では、そんなときはいったいどうしたら良いのでしょうか?

 

転職エージェント活用方法の基礎として、必ず複数の転職エージェントに登録して、それぞれの長所を活用するというセオリーがあります。

 

こちらは独占求人や好条件求人を見落とさないための措置になりますが、今回は逆の使い方をします。業界特化型を除けば、基本的にはその転職エージェントに掲載されている求人情報というのはあまり変わりません。

 

たとえ1社の転職エージェントから応募を断られても、他社からの応募はできる可能性があるのです。企業間の距離が近ければ近いほど、募集条件のスキルが足りない部分はあるけれど他の条件は満たしてる人材ですとエージェントから紹介をしてもらえるといった具合です。

 

しかしスキルが足りないという事実は、どのエージェントから応募しても変わらないということはくれぐれも認識しておいてください。したがって、もしキャリアコンサルタントからスキルが足りないと指摘された場合には、転職活動を通してスキルを上げる努力が大切です。

 

スキル不足はすぐに改善することはできませんが、そのことを理解することで印象はガラッと変わります。この行動は面接でのアピールポイントになりますし、就職・転職後に必ず役に立ちますので前向きにスキルの取得に努力されることをおすすめします。

スキルが足りないと指摘されたときの理由はそれだけではない

スキル不足による落選の場合、他にも疑うべきことがあります。それは「採用したいと思えない人材」と判断された可能性です。

  • 社風に合わない
  • 経歴がない
  • その会社でなければいけないという意思を感じない

など、色々な理由をひっくるめて「スキル不足による不採用、書類選考に通過しなかった」とエージェントから説明があることが実は多いのです。

 

そこで、「スキル不足」を指摘された場合、どのようなスキルがアピールに向いているのかキャリアコンサルタントにアドバイスを求めるといいのです。

 

必要とされるスキルは業種や業界によって異なりますが、仮に転職を希望している業界におけるビジネススキルが実際に不足している場合は、企業側が保有していて欲しいと思うスキルや、エージェントが紹介したいと考えるスキルを取得しておくことが大切になってきます。

 

スキルアップの努力を行うことでキャリアコンサルタントの印象も良くなりますし、実際に必要とされているスキルを転職活動と並行して勉強することが可能となりますので、転職を成功させるためにも頑張って採用担当者の目を引くスキルを身につけましょう。