ニート フリーター 就職

就職・転職であなたも勝ち組の仲間入り

就職 勝ち組,転職 勝ち組

 

就職・転職をするうえで、気になることといえば「就職・転職に失敗しない方法」「就職・転職の勝ち組になる方法」ではないでしょうか。今後のキャリアプランにも大きく影響しますし、モチベーションにも大きく影響してきます。

 

100%自分の希望通りの会社はなかなかありませんが、その希望をより多く叶えてくれる会社への就職は可能ですので、勝ち組になるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

就職・転職が成功しやすい時期は○月と○月

就職・転職で成功するためには、人材を募集する企業側が求人を出すタイミングに合わせて転職活動を行うことが重要になります。

 

いざ、転職しようにも企業が求人を募集していなければ意味がありません。無計画で退職することや、自分の担当しているプロジェクトの区切りで退職してしまうことは避けたいところです。

 

そのようなタイミングを考えないで退職してしますと、就職・転職活動のどこかで必ず妥協が生まれてしまいがちですので、そういった時の転職はうまくいかないものです。

 

では、転職のタイミングはいつが良いのでしょうか?
狙い目は年度末の3月と下半期がスタートする10月・11月になります。

 

多くの場合、この時期に就労開始を求めている求人ですので、遅くてもこの時期の2~3か月前を目安に転職活動をスタートすると良いでしょう。

 

人の入れ替わりが多い時期に求人を出す企業が多いということを把握しているか、いないかでは、転職活動の成功・失敗に大きく差が出てきます。

 

それが本当に自分のやりたい仕事?

就職成功の定義と言うのは人それぞれ違うと思います。異業種への挑戦なのか、年収アップなのか、大手企業への就職なのか…。

 

しかし、就職がゴールではなく、そこから何をしたいのかということがあくまでも重要なわけです。就職成功がゴールになっていると、就職後の成長というのはなかなかに難しいものです。つまり、自分がやりがいを持って取り組める仕事に就けることこそが、就職の成功に繋がってくるはずです。

 

そこで注目したいのが、「自分のやりたい仕事は何なのかということ」です。この見極めが甘いと、「こんなはずじゃなかった…」とか「やりたいことは他にあるのに…」などと、小さなきっかけでモチベーションが下がってしまう可能性があります。

 

自分がやりたいことは何か!どの企業ならその目的を達成し得るのか!ということをしっかりと見極めて、後悔のない就職をしましょう。

就職・転職に成功する人の法則

就職・転職における、得する人、成功する人というのはどのような人でしょうか?

 

それは、キャリアアップや年収アップなどをはじめ、現状よりも好条件での職場に就いた方が成功した人なのではないでしょうか。

 

せっかく転職するのであれば、今より少しでも条件よくしたいと思う人は多いかと思います。そこで、転職に成功する人・得する人の法則についてまとめました。

 

就職エージェントと転職サイトを上手に使い分ける

就職エージェントが保有している求人と転職サイトに掲載されている求人の多くは重複しています。それであれば、独自に転職活動をするよりも、就職エージェントを利用した方が給与交渉がしやすくなります。

 

無料で利用できますし、何より高い年収で契約をした方が就職エージェントとしてもメリットがあるので希望年収で契約できる可能性が上がります。

 

また、待遇条件の交渉だけではなく、履歴書の添削や面接対策も無料でカウンセリング可能です。

 

このように本命が転職サイトにしか掲載がない場合でも、就職エージェントサービスを利用する価値は大いにあります。受けられるサービスは最大限に利用し、成功への道を確実なものにできるよう準備をしていきましょう。

 

ニート・フリーターに強い就職エージェント比較ランキング

 

転職期間中の生活費をサポートしてくれる“失業給付金”

転職期間中、一番不安なのは金銭面になると思います。在職中に転職活動をすることも可能ですが、二足のわらじは短期間でもストレス要因になってしまいます。

 

そこで注目したいのが“失業給付金”。雇用保険に一年以上加入していれば誰でも受給することが可能です。

 

私自身、有給などを利用し転職活動をしていましたが、プロジェクトの関係で退職のタイミングを逃すとチャンスはもうないと思い、予定より早く退職しました。そのときに助けられたのが“失業給付金”です。

 

勤続年数によって受給できる金額や期間は異なりますが、最大150日間受給が可能です。これは近場のハローワークで確認が可能です。

 

少し後ろめたいな、と思う人もいると思いますが、雇用保険を払ったのだから最大限にその制度を活用しましょう。

 

転職活動において、得をする人はこういった制度を最大限に活用しています。ムダのない転職活動で希望の職種に就職しましょう。

就職・転職に失敗する人の法則

近年、1つの会社で定年まで働く人と言うのは減っています。その結果、転職経験のある社会人は実に50%以上もいると統計が出ています。

 

しかし、その中で転職に成功した人はどのくらいいるのでしょうか?転職で損する人、失敗する人は同じことを繰り返してしまっています。そこで、どんな人が損をして、失敗の道を辿っているのかをまとめました。

 

転職活動で利用できるサービスを把握していない

失敗する人の多くは、転職において有効な制度を把握していないように感じます。あくまでも一つのやり方に固執していると言ってもいいでしょう。

 

転職サイトは大手2社、中小手1,2社の登録が転職のセオリーです。その理由は、メインで使っているサイトで足りない情報を他のサイトで補うことができるからです。

 

1つのサイトに固執してしまうと、自分の条件に合った求人を見落としてしまう可能性もあるので複数のサイトをチェックするようにしましょう。

 

合わせて、転職エージェントが提供する無料サービスにも注目です。転職におけるマネジメントや求人紹介はもちろん、面接対策や、履歴書の添削など利用できるサービスが多くあります。四苦八苦している時間はあまり効率的とは言えません。

 

現状の雇用条件より良い条件で転職するために

転職をするからには、キャリアアップや年収アップを目指したいと考える人は多いと思います。では、どうしたらそういった「転職のうま味」ともいえる部分をちゃんと実感できるのでしょうか。

 

前述でも少し触れましたが、転職エージェントの活用は必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、転職者は転職ビギナーであり、給与や待遇の交渉に慣れていません。よって、転職にありがちな「求人に記載されている条件通りの契約ができない」という状況に陥る可能性があります。

 

しかし、転職エージェントを利用すれば、給与や待遇面の交渉はお手のもの。自分の希望条件、もしくはそれ以上の結果が期待できます。

 

転職において、損をする・失敗をする人にならないようしっかりと対策を立てていきましょう。

ニート・フリーターだって初めての就職・転職でも成功できる

誰でも初めての就職・転職は、期待感と共に多くの不安があるかと思います。特にニート・フリーターの方の場合なおさらのことでしょう。

 

就職・転職の基礎知識の勉強をはじめ事前準備など、やることはたくさんあります。そこで、転職活動において必要なステップ、転職成功の基礎知識についてまとめました。

 

転職活動事前準備

転職活動が成功するかどうかの節目でもあるのが事前準備です。経歴やスキルの整理・履歴書の作成。ミスマッチを防ぐための業界や企業調査。そして、自分自身の目的意識が重要になってきます。

 

なぜ転職したいのか。今の会社では自分の希望は叶えられないのか。何を目標に仕事をしているのか。特に仕事の目標は、転職活動をしていく上での方向性を定めるのに必要不可欠です。

 

自分自身のキャリアビジョンを明確にし、その為に何ができるのかを自分自身が把握することが転職成功への道を確実なものにしてくれます。

 

面接対策

どんなに出来のいい履歴書と職務経歴書を作成し、書類選考に通過しても、面接でその経歴を上手に説明できなければ採用にはなりません。では、どうすればいいのでしょうか。

 

まずは自分の経歴を見直しましょう。自分の経歴を間違えるわけないと思うかもしれませんが、いざ本番となると不思議と頭からこれまでの経歴やプロジェクトの順序が頭から抜け落ちてしまうことがあります。

 

そのためには、経歴の説明の筋書きを考え、反復練習をしましょう。私自身の体験ですが、反復練習をしてからの面接は格段に失敗が少なくなりました。練習することで自信がつき、本番でも本領発揮できたのだと思います。

 

声に出して練習することで面接の通過率が上がるのであればやる価値はあるのではないでしょうか。後は、身だしなみと体調を整え、万全の準備をして面接に臨みましょう。

 

内定が決まったら

内定が決まったらまずは入社意志があるかどうかを応募企業にきちんと伝えてください。そして、現職の退職日から入社予定日を相談しましょう。

 

現職の退職日については、内定が出ていない状態で退職届を出すのは焦りや、妥協に繋がり転職失敗の可能性が上がってしまいます。引き継ぎ等考え、一か月前には退職意志を伝えましょう。

就職・転職で勝ち組へ 記事一覧

転職 マナー

在職中の転職活動がバレて解雇になったという話をよく聞きます。法的には問題ないものの、就業規則に記載されていたり、業務時間中に転職活動をしていた痕跡が会った場合、“懲戒解雇”を言い渡...

20代での就職・転職は、キャリアアップや年収アップだけではありあません。未経験業界への挑戦をしたいと考える人が多く、仕事に対しての価値観も定まってきます。また、これまでのニート生活...

30代の就職・転職はやることがたくさんあります。その理由は、30代のほとんどが職場での実務において中心を担っている人材が多いからです。担当業務や責任も多く、プロジェクト運営をしてい...

40代での就職・転職は、企業とのマッチングが命です。20代、30代以上に、希望条件や会社や社会からの評価、自己PRのしかたで明暗が分かれます。そこで、40代からの転職活動成功の道に...

働く女性が増えてきたこともあって、女性が働きやすい環境を整える企業が増えてきました。最近では女性専用の求人サイトもあり、ビジネスにおいて女性が活躍できる場が多くあります。新しいこと...

大手企業への就職・転職は、安定した収入と充実した福利厚生や待遇など多くのメリットがありますよね。その企業のブランド力に惹かれる人も少なくないと思います。しかし、大手企業は募集人数こ...

地元や地方に戻って働く「「Uターン就職」。都会での暮らしに疲れ、地方で働きたいと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、地元で本当に仕事が見つかるのか???新天地でや...

転職を考えている人にとって、気になることの1つが「転職活動をはじめるタイミング」だと思います。早すぎても今持っている仕事の引き継ぎができないですし、遅すぎても引き継ぎが終わらないの...

もっと生の企業情報が知りたい、どのような社風なのか、肌で感じたい。こう考える人は多いのではないでしょうか。しかし、事前に社内見学できる企業というのはなかなかありません。そこで活用し...

せっかくの就職ですので、失敗や後悔はできるだけしたくありませんよね。いや、絶対したくないですよね。そこで、就職活動で後悔しないための3つのポイントについてまとめました。情報収集を怠...

転職活動は、色々な条件を選んだり妥協しながら企業を選んで行きます。しかし、必ず決めておきたいのは希望条件の優先順位です。この優先順位を決めておかないと、いつまでたっても応募企業を決...

転職理由の多くは、現状の待遇に満足が行ってなかったり、人間関係がうまくいってなかったり…。ネガティブなものが多いのが実情です。しかし、この「本音」をそのまま面接にぶつけてしまうと印...

就職・転職活動中、内定がでないとモチベーションはどんどん下がっていきますよね。モチベーションが下がると、決まらない内定は更に決まりにくくなるものですし、時間だけが経過して焦りが募り...