ニート フリーター 就職

退職後の生命線「失業保険」ってどうなってるの?

退職してからある程度期間をおいて次の会社へ勤務する場合や、退職後に転職活動をスタートさせる場合、頼りになるのが失業保険です。

 

なかなか受け取る機会がない失業保険ですが、きちんと受給の手続きをすることによって、給料がもらえない状態でも一定期間は生活をすることが可能です。特に退職後に転職活動をスタートさせようと考えている人にとって、この失業保険をもらえる期間が重要になってきます。

 

しかし、すんなり失業保険ももらえるわけではありません。その点には注意しておきましょう。

自己都合退職か会社都合退職か

大きく変わってくるのが、退職要件が自己都合か会社都合かと言うことです。

 

特に自己都合退職の場合は、すぐに失業保険がもらえるわけではなく七日間の待機期間と、その後の三ヶ月の制限が終わらないと支給はされないのです。

 

また、自己都合退職と会社都合退職では給付期間も違ってきまし、支給の金額も大きく変わってしまいます。そのため退職後に転職活動を検討している人は、それらの金銭的なリスクを考慮した上での活動準備が重要になってきます。

 

自己都合退職か会社都合退職かという事は、労働上に問題があればたとえ会社側が自己都合と言っても会社都合として扱われることもあります。もしブラック企業で働いていて、転職が難しいという人はそれらの証拠を用意した上で挑むことが大切です。

失業保険をすぐにもらえる方法もある?

自己都合で退職した場合は三ヶ月の待機期間ができてしまうのですが、それを待たずに失業保険をもらうことも可能です。

 

その一つがハローワークで行われている職業訓練校を利用することです。この場合はすぐに失業保険を支給してもらえます。さらに授業料も教材費以外は全てタダなので、生活が難しい人は視野に入れてもいいかもしれません。

 

また、職業訓練校を通じて転職先の紹介もあります。自分が興味のある企業なら参加するのもよいでしょう。入校するためにはきちんと最後までやりぬく人が選ばれるため、もしも利用するならキチンと最後まで通うことを前提にしましょう。

 

しかし、退職の理由についての変更や職業訓練校を利用して失業保険を通常よりも早めにもらうということは、なかなか難しいのが現実です。特に退職要件については変える事も大変難しいですし、一方で訓練校に通ってしまうと転職活動をする時間が削られてしまうため会社で働いているのとさほど変わりがないのです。

 

そのため、失業保険の手続きは早めに済ませても、その失業保険に頼っての生活はあまり期待しない方がよいでしょう。もしも失業保険の利用を考えている人は、会社に非がある場合のみがいいでしょう。