ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

Uターン就職を成功させるための3つの法則

地元や地方に戻って働く「「Uターン就職」。都会での暮らしに疲れ、地方で働きたいと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、地元で本当に仕事が見つかるのか???新天地でやっていけるのか???心配なことがたくさんあると思います。そこでUターン就職を成功させる3つの法則についてまとめました。

 

先入観は命とり!

Uターン就職というと、のんびりとしたライフスタイルを思い浮かべる方もいると思いますが、それは大きな勘違い!

 

地方といえど、企業は普通に動いています。業務内容やスケジュールの密度は会社の采配や従業員数次第なのです。

 

これはどの地域の企業にも共通して言えることなので、事前にどのような仕事があるのか、採用状況はどうなのかなど、しっかりと情報収集しておく必要があります。

 

情報量が少ないのは当たり前!

転職において、情報はまさに成功の明暗を分ける重要なものです。しかし、地方の中小企業になると、その企業のサイトしかないというのも「ザラ」です。

 

情報量が少なく判断材料が少なくなかなか決めかねてしまう、といったことは想定しておきましょう。

 

そんな中でも希望条件にマッチしそうな会社が見つかり、いざ面接をする際には、何故その会社でなくてはいけないのかといった理由をしっかりと決めておくことが大切です。そのためには自分のキャリアプランをちゃんと持ち、その会社でなくてはいけないということを説明できるようにしておきましょう

 

地方では地方の暮らしを楽しもう!

地元に戻って就職するのであれば、イメージと現実のギャップは少ないと思いますが、新天地で働こうとしている人にとって地域による文化の差というのは時に負担となってしまうこともあると思います。

 

冠婚葬祭や地域イベント、行事などが多く催される地域もありますし、暗黙の了解で参加をしなくてはいけない場合もあります。

 

地域の特性として受け入れることができるのであれば問題ありませんが、こういったことが苦手という人もいると思います。そういった場合は、転職情報や会社情報だけでなく、併せて地域の特性なども調べておくことがUターン転職成功の秘訣といえるでしょう。