ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

いつが最適?転職活動をはじめるタイミング

転職を考えている人にとって、気になることの1つが「転職活動をはじめるタイミング」だと思います。

 

早すぎても今持っている仕事の引き継ぎができないですし、遅すぎても引き継ぎが終わらないのでは…と心配になるかと思います。かと言って退職してから転職活動を始めては遅いので、頭を悩ませているのではないでしょうか。

 

そこで、転職活動を始める最適なタイミングについてまとめました。

 

転職のタイミングにオススメの時期はいつ?

転職活動というと、履歴書を書いて、面接をして…というプロセスをイメージするかと思いますが、転職活動のスタートは求人探しからなのです。

 

転職をしたいと考えたら、まず転職サイトへの登録をしましょう!今すぐ転職活動をしたいからと言って、すぐに退職の申し出をするのではなく、まずは情報収集からです。

 

求人数が増えるのは3月、7月、10月などの決算期や事業年度の終わりごろです。この時期に合わせて就職活動をすることで、より多くの選択肢の中から自分に合った企業を選ぶことができます。

 

このことから、転職活動を始めるタイミングも上記期間から選ぶことで、数多くの選択肢から転職先の候補を選ぶことが可能だということです。

 

デッドラインを決めてから転職活動をスタート

現職の関係で、上記期間での転職が難しいこともあると思います。そのようなときは自分で期限を決めて動き出すのも良いでしょう。

 

平均的な転職活動期間は約3ヶ月間ですので、転職を決意した日から3ヶ月後をデッドラインの目安にして転職活動をスタートしてみるといった具合です。

 

自分で設定した期限内に再就職を実現するためにも、退職時期を決めたら、転職エージェントに相談することもオススメです。転職したい業種や希望さえ決まっていれば、あとは転職エージェントがその希望にあった求人を紹介してくれますし、履歴書の添削や、面接の調整などもサポートしてくれます。

 

現職が多忙で転職活動に踏み切れない人は、転職エージェントも選択肢の1つに入れることをオススメします。

転職の成功を左右する情報収集のコツとは

情報は最大の武器と言いますが、転職活動においてはそれが顕著に表れます。では、この情報社会で、どの情報が本当に役に立つのでしょうか?転職活動で成功した方は、どのような情報収集の仕方をしていたのでしょうか?

 

転職情報これだけは必ずチェックしよう

求人情報を見る

自分の経験や、活かせるスキルからどのような職種がマッチしているのかを調べましょう。事前のミスマッチを防ぐことができます。

 

業界動向を知る

同業種でも異業種でも、転職活動を開始するには業界全体の動向を知る必要があります。
現状どのような状況なのか、将来的にどのような展開が予想されるのか、自分のキャリアビジョンの実現が可能なのか等がチェックポイントです。情報収集することで業界知識も身に付きます。

 

自分自身の市場価値を知る

自己分析になりますが、自分自身の市場価値と言うのはとても重要な情報です。なぜなら、面接でのアピールポイントや転職活動をするための指標にもなります。
マーケティングと一緒で、自分自身という商品をどのように売り込めばいいのかというのをきちんと把握しておく必要があります。

 

転職情報はネットで効率的に集めるのが基本

転職サイト

転職サイトには求人が多く掲載されています。求人数が多い業種は業界として活気があるのか、それとも単に人の入れ替わりが多いだけなのかなどを見極めましょう。転職情報から、業界動向は見えてきます。

 

情報交換サイト

実際に働いてみてどうだったか、求人サイトとの条件の差異、福利厚生の詳細、昇給の有無など転職サイトだけではわからない生の情報を見ることが可能です。
中には会社の評判を貶めるための書き込みなどもありますが、全てを信じるのではなく「こういう情報もある」という認識でチェックしましょう。

 

多くの情報の中から、必要な情報を上手にピックアップし転職活動の糧にしましょう。