ニート フリーター 就職

転職エージェントだからできる徹底自己分析

転職エージェント 自己分析

 

転職の際に、重要になってくるのは「自己分析」です。履歴書だけではなく、面接でも「自己分析」ができているかどうかは必ずチェックされています。

 

しかし、自分で自分自身を客観的に把握しようとすることは、実際のところなかなか難しいものです。「自分のことは自分が一番よくわかっている」と言ってみたところで、周囲からの評価とのズレがあればそれは「自己分析」ができていないと判断されてしまいます。

 

そんな時、頼りになるのが転職エージェントです。転職エージェントは、あくまでも第三者の目で客観的にあなたを分析してくれる貴重な機会を提供してくれます。

どうして自己分析が大切なのか?

転職をする際、全てにおいて「理由」「目的」があると思います。

  • なぜ、転職したいのか?
  • なぜ、応募した会社でないといけないのか?
  • なぜ、自分のスキルが応募企業に役立つと思ったのか?
  • なぜ、求められる市場価値に自分がマッチしたと思ったのか?

など、あげればきりがないと思います。

 

これらすべて、自信だけではない、しっかりと根拠があり裏付けされた理由を持って回答できるでしょうか?

 

実際のところ、多くの転職希望者が意外とこれが答えられないそうです。多くの方が転職エージェントに登録するまで、その必要性すら分からずに自己分析を怠っているそうです。自分ではできていると思うから不思議なものですが・・・。

 

自己分析をきちんと行っていないと、いくら面接準備の段階で事前に面接回答例を準備してはいても、その根拠を答えることができないのです。

 

そのような状態で面接に臨んだ場合、面接官はこれまで多くの応募者と面接をしていますので、あなたの一瞬の迷いや自信のなさを簡単に見抜き、それが合否に大きく関わってきます。

 

客観的に自分を見てくれるパートナー、それが転職エージェントなのです。

転職エージェントに自己分析を評価してもらおう!

私が登録した転職エージェント会社はIT系をメインに扱った会社だったのですが、やはり最初の段階で自己分析についてアンケート、そして面談を行いました。

 

そして、面接で聞かれるような転職をしようと思ったのはなぜか、これまでの成功体験、失敗体験を聞かれました。今思えばすでにこの段階から自己分析ができているかどうかを見られていたのだと理解ができます。

 

そこで、いかに自己分析が甘いかということを突きつけられました。自分と向き合うことの難しさ、世間と自分のズレの部分など的確かつ丁寧に説明をしてくれました。

 

ですが、他人に欠点やできていない部分を言われると意固地になってしまうのが人間の性。意見を聞き入れない人も中にはいるそうです。

 

ここで、よく考えてみてください。家族・友人は欠点やできていない部分を、ハッキリと理由をつけて教えてくれるでしょうか?これは転職エージェントさんからの最高のプレゼント、そう思って自分の胸に刻むことが転職成功への近道になってくるのです。

 

忘れないでください。転職エージェントは絶対にあなたの味方でいてくれます。自分から心を開くことで、より精度の高い自己分析ができることは間違いありません。

 

自己分析をする事で、転職する際に必要な問答の回答が自然と完成します。そして、自己分析を的確にやることで、本当に自分に合った企業や業種もはっきりと見えてきます。

 

転職エージェントの言葉を意固地にならず、素直に受け取ることが転職への一番の近道になること、何があっても転職エージェントは転職者の味方でいてくれることを忘れずに、安心して相談してみてください。新しい自分の才能に出会えるかもしれません。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

ハタラクティブハタラクティブ

JAIC(ジェイック)JAIC(ジェイック)

※ニート・フリーターの方が就職を成功させるコツは特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。