ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

誰もが心配する転職のリスクって一体どうなの?

転職とは現在勤務している会社から別の環境へ変えるということですので、現在の職場環境に不満や、何がしかの物足りなさを感じていることでしょう。ですので、基本的に同じような職場環境の会社へと転職をしようとする人はあまりいないはずです。そのため、どうしても転職という行動はリスクが高いのです。

 

転職した結果、良い方向へ転ぶこともありますが、もちろんそれとは逆に悪い方向へ転ぶ人もいるのが現状です。

 

そのため、最初に転職をしようかと考えていたが、転職活動の途中で転職をやめると選ぶのも一つの手なのです。他の企業を見ているうちに、やっぱり現在の勤務先でもいいかもしれないという目線が出てくるのも、転職活動の一環です。

ホワイト企業?ブラック企業?

よく耳にするのが、「転職をしたらブラック企業だった」、ということです。逆に、自分の希望条件にマッチした良い会社に転職できたという人もいますが、なぜこのようなことが起きているのでしょうか。

 

転職をする上でどうしても避けて通れないのが、この企業カラーのリスクです。これらを判断する上で、巷にはさまざまな情報があふれていますが、それが本当のものかどうかということは判断がとても難しいです。

 

しかし、企業体質の見極め方というのは、求人内容の見方や面接でのチェックで極力避けることが可能です。たとえば、求人票の内容で基本的に休みや給料などを全面に出している会社はどうしてもこのリスクが高いものです。

あがらない給料、休みの取れない有給

しかし、実際に入社しないと分からないリスクもあります。仕事が忙しすぎて休みがほとんどない企業や給料がこれまでほどあがらない企業など、リスクはそれぞれにあります。

 

残念ながらこれらのリスクは必ず存在します。しかし、それではなぜ成功した人と失敗した人の差が出ているのでしょうか?

 

それは、転職にあたっての希望条件のうち、ある程度は妥協して譲れることと、どうしても譲れない条件とを自分自身がキチンと理解したうえで転職活動を進めているか否かということが大きく関係しています。

事前準備の段階で転職のリスクはある程度排除できる

環境を変えるということにはどうしてもリスクはつきものですが、そのリスク以上に魅力があるからこそ転職をする人たちがいるのです。

 

環境変化に対応するためには事前の準備が重要になってきます。存在するリスクとうまく付き合う人が、転職を成功させる本当の人たちなのです。