ニート フリーター 就職

退職届の書き方・提出の仕方

退職するときに避けて通れないのが退職届です。中には退職届を常に持っているという人もいますが、基本的には初めて書くことになる人がほとんどだと思います。

 

多くの場合、退職届の書き方は勤務先企業の形式がある場合がほとんどですが、ない場合は自分で作るほかありません。また、書く場合はきちんとペンで書くようにしましょう。

 

退職届と聞くと、書き上げたらすぐに上司に渡すことを想像される方もいるかと思いますが、これではさすがに上司が驚いてしまいます。まずはきちんと上司に転職をするという相談もしくは報告をし、その後に退職届を書くようにしましょう。

 

仮に退職の意向がすんなりと通る場合は、退職届の書き方や形式、有給休暇の消化方法についてなどの話をきちんとしてもらえるでしょうが、どうしても難航する場合、そのときは退職届を先に用意し、自分の意思を主張できるようにしておきましょう。

退職届はいつ、どのように提出する?

基本的に退職について相談をする場合は、ゆっくりと話し合いができる時間として一ヶ月前くらいにしましょう。

 

法律的には退職の二週間前という定めがありますが、間際になるとどうしても関係者が焦ってしまいます。余裕があるときに話題を切り出しましょう。

 

またその際は、退職についての意思をきちんと伝えましょう。ここが曖昧になると、単なる仕事上の相談と受け止められてしまったり、のらりくらりと引き止められてしまいます。

 

退職理由を話すことも出てくると思いますが、その時は、事実がどうであれ前向きで個人的な理由にしておくことが無難でしょう。前向きな理由をハッキリと伝えることができれば上司としても企業としても納得してくれることでしょう。

 

それでも退職を引き止められることはよくあることですが、そこでたじろいではいけません。転職をするとキッパリと断りを入れた上で、大人な態度で挑みましょう。

 

相手に熱が入るのは仕方ありませんが、自分にまで熱が入ってはどうしようもありません。もし話がなかなか通らない場合は、上司より上の人に相談したり、時間を置いて再び話をしてみる、など手法を変えてみましょう。

 

気を付けることとしては、このときにメールなどの一方通行になりやすい方法での退職報告はやめましょう。残りの在職期間が気まずくなることもありますので、メールを使用する場合は上司との調整など連絡手段として使いましょう。