ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

就活で心配なのが就職したことで後悔することです

せっかくの就職ですので、失敗や後悔はできるだけしたくありませんよね。いや、絶対したくないですよね。そこで、就職活動で後悔しないための3つのポイントについてまとめました。

 

就職 後悔情報収集を怠らない
就職・転職に後悔する人の中には、充分に求人をチェックせず目についた企業に応募してしまったり、やりたいことが明確にならないまま就職・転職をしてしまったために後々後悔する人などがいます。そのように後悔する方の多くは、情報収集や自己分析ができていない傾向にあります。

 

就職・転職をすると決めたら、まずは自己分析をきちんとするようにしましょう。自己分析をすることで、自分の市場価値を把握し、自分は何ができるのか、何が足りないのかということがはっきりと分かります。

 

自分自身ができることが分かれば、転職活動においての指標が完成しますので、その上ではじめてその条件に合った求人があるかを吟味するようにしましょう。

 

そして、求人を見る際もはじめから一社に絞らず、より多くの求人を見ることで色々な企業の条件をチェックすることができますし、数多くの求人を見ることで業界の傾向や知識もついていきますので情報が蓄積されていくことでしょう。

 

就職 後悔一日の仕事の流れを確認する
後悔される方が挙げるミスマッチの中でも目立つのが「残業が聞いていたよりも多かった」という声です。

 

求人には残業がないと記載されていても実際は…という企業は案外多いものです。特に裁量業務の場合などは、気を付ける必要があります。

 

しかし、残業は多いですか?と直接的に聞くのは得策ではありません。それでは間接的に残業はしたくないと伝えているのと同じです。

 

そこで、配属されるであろう部署の一日の流れを聞いてみましょう。業務量や平均残業時間などを教えてもらえます。一日の仕事の流れを聞いた場合、ほとんどは残業時間についても教えてもらえましたのでこの方法はオススメです。

 

就職 後悔絶対に譲れない条件を決めておく
後悔とは、理想との差異から生まれます。就職・転職活動をする前に「絶対に譲れない条件」を必ず決めておきましょう。

 

人生のターニングポイントである就職・転職。後悔のないものにできるよう、事前にできることは必ず準備しておきましょう。