ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

総合型と業種特化型を上手に使い分けて効率よく転職を

転職活動の際、最低でも登録するといいとされているのが大手2社、中小1社。この合計3つの転職エージェントを活用すると効率がいいとされています。

 

大手と中小手を大きく分類すると、大手は「総合型」、中小は「業種特化型」になります。では、総合型と業種特化型では一体なにが違うのでしょうか?どのようにすれば効率よく転職活動ができるのでしょうか?

 

どんな業種も用意しているオールラウンダー「総合型エージェント」

まず、大手に多いのがこの「総合型」の転職エージェントです。言葉の通り、多種多様な業種や求人を取り揃えているので求人数、書類選考通過率などが高く評価されています。

 

多くの転職者を就職に導いてきたスキルやノウハウが蓄積され、結果が出やすいということでもあります。転職が初めてという人や、転職エージェントの利用が初めてといった人に「総合型エージェント」をまずオススメしたいです。

 

デメリットを挙げるとすれば、多くの業種に対応しているので、担当者の知識が全ての業界に詳しいとは限らないということ。詳しくないということは、転職者が専門的な業務に就きたくてそのことを説明をしても内容が伝わらず、希望の条件を紹介してもらえない可能性もあります。

 

業種に特化したスペシャリスト「業種特化型エージェント」

冒頭で中小と表記しましたが、業種特化型の転職エージェントの中にも大手に匹敵する求人数を誇るエージェントも多くあります。特記すべき事項は、その求人のほとんどが1つの業種で成り立っているということです。

 

IT系やエンジニア系、看護系など各エージェントが得意とする分野の求人をそろえています。担当者が実際にその業界で働いていた、ということも珍しくありません。特化型というからにはどのキャリアコンサルタントが担当についたとしても、業界事情に詳しく専門的な話ができるのが最大のメリットです。

 

すでに転職したい業種が決まっていたり、総合型エージェントで希望の業種が見つからない時に活用すると、転職活動にスキがなくなり効率よく転職活動ができるようになります。

 

総合型と業種特化型それぞれメリットがありますので上手に使い分けをして、好条件の求人を見落とすことなく、スキのない転職活動をしてください。