ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

転職エージェントは複数登録して見極めよう!

転職エージェント 複数登録

 

転職エージェントは複数登録が基本」と言われているのは何故なのでしょうか。みなさんの中には1人の担当の人に、じっくりサポートしてもらいたいと思う人もいるかと思います。

 

しかし、複数の転職エージェントを活用する方がメリットが多いものです。

なぜ複数登録が基本なの?

例えば、インターネットで検索していただくとわかるとおり、転職エージェントのサイトはたくさん出てきます。しかし、その中で本当に貴方にマッチした案件を持っている企業がどれだけあるのかということは未知数であり、実際に登録しないとわかりませんよね。

 

そこで、複数登録が必要とされる理由をいくつかピックアップしましたので参考にしてください。

  • 複数登録することで、より多くの求人情報が入手できる。
  • 各社の非公開求人を見比べ、より自分に合った企業を選別できる。
  • 転職エージェントの担当者との相性が悪かった場合、相性のいい担当者のいる転職エージェントを主軸にすることができる。

特に3つ目。担当者との相性が一番大事になってくると思います。転職をサポートしてもらう、いわばパートナーですので、相性が合わなければ相談できることもできず、希望条件について本音で話すことができなくなってしまいます。

 

そうなってくると、何故転職エージェントを利用するのか、そのメリットが半減してしまいますよね。

複数登録するならどんなエージェントを利用すればいいの?

転職エージェントサイトはたくさんありますが、その中でどんな企業を選べばいいのか迷いますよね。通説ですと、大手2社、中小1,2社を選ぶのがスタンダードだとされています。

 

理由は、大手の転職エージェントは言わばイメージ通りの理由です。紹介案件が多い分、転職に関するノウハウが蓄積されています。その反面、大手は紹介案件が被っていることが多く、同じような案件を紹介される事が多いこともあります。

 

一方、中小の転職エージェントは業種や職種、転職希望者の希望内容に特化していることが多く、ニート・フリーターであっても大手よりも多くの案件を紹介してもらうことも可能なのです。また、特定分野に特化している分、大手に比べて企業間の関係が深く、こちらの希望条件を通してもらいやすいというメリットもあります。

 

例えば、ニート・フリーターにも人気があるIT系企業への就職・転職を希望している場合、中小であってもIT系に強い転職エージェントの方が、案件紹介数も大手に比べて圧倒的に多く、選択肢が広がったりするのです。

 

ただし、キャリアチェンジを期待する場合は応募条件に満たず紹介してもらえる求人が少なくなってしまう場合もありますので、登録段階で相談をしておくといいでしょう。

 

転職エージェントへの登録は大手2社、中小1,2社が目安。そして、複数の転職エージェントの中から、自分に合ったパートナーを見極めることが成功への近道です。。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

ハタラクティブハタラクティブ

JAIC(ジェイック)JAIC(ジェイック)

※ニート・フリーターの方が就職を成功させるコツは特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。