ニート フリーター 就職

就活で内定がでない時のモチベーションアップ方法

就職・転職活動中、内定がでないとモチベーションはどんどん下がっていきますよね。モチベーションが下がると、決まらない内定は更に決まりにくくなるものですし、時間だけが経過して焦りが募ります。

 

そこで、就活がうまくいかない時にこそ実践したい、就活モチベーションの維持方法について紹介します。

 

就活 内定がでないスキルアップの時間にする
漠然と過ごすのではなく、就職・転職活動の時間を有効に利用してみましょう。

 

スキルアップのための勉強の時間を作ることで、意識が就職・転職にだけ向くことを避けることもできます。
そのため、深く考えすぎたり悩む時間が少し有意義になります。

 

スキルアップのための取組は面接でも評価ポイントです。
自分自身の幅が広がるだけではなく、こういった新しいことへの挑戦は面接で向上心のアピールにも有効です。

 

就活 内定がでない1つの就職・転職情報ばかりチェックしない
特定の就職・転職サイトや就職・転職エージェントだけを利用していると、求人情報が偏ってしまう可能性があります。そのことで、自分に本当にあった企業を見落としてしまっているのかもしれません。

 

大手2社中小1,2社程度の複数媒体から情報を取得することで、希望条件に近い求人が見つかる可能性は広がります。単純計算で3社利用していれば、1社利用している時よりも新着求人の数が3倍になりますよね。

 

求人数が多くなればなるほど応募できる企業も増え、内定に一歩近づくことができるでしょう。

 

就活 内定がでない相談相手をみつける
なかなか内定が貰えないことに悩み、就活に対するモチベーションが下がってしまうのは、一重に相談できる相手がいなからかもしれません。

 

友人や同僚に話を聞いてもらうことでモチベーションを保つ方法もありますが、第三者からのアドバイスで新たな発見をすることができるかもしれません。しかし、友人などに相談することが難しければ一人で悩むのではなく、ハローワークや就職・転職エージェントなどプロに相談をしてみましょう。

 

プロからの視点で、的確なアドバイスをしてもらうことができますし、内定が出ない時の対処方法なども相談者に合わせてアドバイスしてくれたり、スキルに合った求人の紹介もしてもらえます。