ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

大手企業への就職で成功するための3つの法則

大手企業への就職・転職は、安定した収入と充実した福利厚生や待遇など多くのメリットがありますよね。その企業のブランド力に惹かれる人も少なくないと思います。

 

しかし、大手企業は募集人数こそ多いですが、その求人に応募する人も多数います。そこで、多くのライバルに差をつけ、大手企業に就職・転職するための3つの法則についてまとめました。

 

転職エージェントの非公開求人をおさえる

冒頭でも話したように、大手企業への求人は応募が殺到します。そこで、多くの企業は採用業務の効率化は図るためにも、転職エージェントの非公開求人を利用しています。

 

転職エージェントの非公開求人を利用することで、応募者の情報がエージェントの段階で精査されますので、採用担当者の負担が減るだけでなく、求めている優秀な人材の見落としもなくなるためです。

 

転職エージェントを利用することは企業側にとってメリットがありますが、実は応募者にとってもメリットがとても大きいのです。

 

自分のエントリーシートが応募企業の採用担当者の目に止まる可能性も高くなることや、エージェントからの口添えで面接をセッティングしてもらえる場合もあります。

 

大手企業に転職したいと考えているのであれば、転職エージェントへの登録は必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

投資家向け情報をチェックする

応募企業の候補が見つかったら、まずその企業のサイトを見ますよね。その際にポイントがあります。企業サイトで注目して読みたいのは採用ページではありません。

 

転職希望者が必ず見るべき情報は、実は投資家情報(IR情報)です。投資家情報(IR情報)ページを見れば、最新の企業情報を見ることができますし、業績動向や事業の方向性など企業の動きを細かく把握することが可能です。

 

全部を読もうとすると時間がかかると思いますが、これらの情報を把握しておくことで、面接の際に転職者の目線だけではなく、経営者や投資家としての視点から話ができるということは大きな武器になります。

 

トップメッセージを読む

企業規模が大きくなればなるほど社長との距離が遠くなります。しかし、企業文化や社風と言われるものには社長の人格や考え方、言動が多分に反映されるものですので、社長の考え方やビジョンを把握しておいて損はありません。

 

社長が考えるビジネスの方向性に共感したり、自分のキャリアビジョンとの共通点があるので取り組んでいきたいなど、面接に活用できる項目も多いですよ。