ニート フリーター 就職

転職エージェントの良し悪しは相性で決まる

転職エージェント 選び方

 

現在、転職エージェントは数多くあります。口コミがいいからと言って、あなたにとって満足のいく情報が得られるかどうかはまた別の話です。

 

結論から言ってしまうと、転職エージェントの良し悪しはあなたとの相性で全て決まります。では、いったいどうやって見極めたらいいのでしょうか?また、相性が合わなかった場合は、どのように対処したらいいのでしょうか?

 

転職エージェントとの相性~企業編~

「このエージェントサイトは合わない」と感じることは決して珍しいことではありません。希望の求人紹介がなかったり、フォロー体制に不満があったりと色々な理由があると思います。

 

転職エージェントが合わないと感じた場合の多くは、あなたのキャリアビジョンが担当者にきちんと伝わっていない可能性が高いものです。どうして転職したいのか、どういう仕事がしたいのか、担当者にきちんと伝えていますか?伝えたつもりでも伝わっていなかったり、担当者がこちらの意図していることとは違う内容で解釈されている可能性もあります。

 

初回面談の前に、自分が今後どうしていきたいのかということをしっかりとわかりやすく説明できるようにしておきましょう。そうすることで、なかなか求人を紹介してもらえない、サポートがしっかりしていない、といった不満の多くは解消されます。

 

転職エージェントとの相性~キャリアコンサルタント編~

担当のキャリアコンサルタントとの相性ですが、こちらに関しては、もう本当に人としての相性だと言わざるを得ません。

 

私自身の場合は、自分に合ったキャリアコンサルタントが担当についてくれたので特に不自由しなかったのですが、やはりキャリアコンサルタントとの相性が悪く転職活動に支障をきたすという話もよく聞きます。

 

その不満の多くは、キャリアコンサルタントが親身になってくれない、何度説明しても希望と違う求人を斡旋される、などといったものです。背景にはキャリアコンサルタント自身のノルマや、募集企業側から早く人を入れてほしいという裏事情があったりもするのです。

 

ビジネスとはいえ、一方的な提案は気分のいいものではありませんよね。では、そんな時はどうしたらいいのか?ズバリ、担当者を変えてもらいましょう。エージェント企業側もそのような事は想定内ですので、こちらの思惑以上に意外と迅速に対応してくれますよ。

 

転職エージェントを利用しての転職活動はまさに一期一会です。自分に合った転職エージェント、キャリアコンサルタントに出会えたと思ったら信じてついていきましょう。

要注意!担当変更をした方がいいキャリアコンサルタントの特徴

転職エージェントと利用するにあたって、どうしても出てくるのが担当者との人間関係です。担当者の采配1つで人生のターニングポイントが決まります。そこで「ハズレ」な担当者を回避するためのポイントについて説明します。

 

知ったかぶりに要注意!勉強不足のキャリアコンサルタントは変更対象

転職エージェントというのは、いわば転職のプロフェッショナル。各業界に詳しいエージェントを担当者として採用しています。だからこそ安心して転職活動の相談ができるのです。

 

しかし、その担当者が業界に詳しくなかった場合どうなるでしょうか?面談の際、担当者はわかったように話を聞いてくれていたのですっかり安心していたのに、その後、希望とは全く違う求人の紹介をされることにもなりかねません。特定業界に対しての知識や経験が足りずに転職者の職歴や希望を理解できない担当者には要注意です。

 

ここで担当者変更の対象となる要注意事項は「わかっているふり」をしているということです。転職者の希望と求人のミスマッチより、自分の虚栄心を優先するようなエージェント担当者に人生の転機を任せることができますか?

 

こういう人は業界の動きや情報にも疎い傾向にありますので、「怪しいな」と思ったら逆質問をして担当者の力量を測ってみてください。そこで嘘をついたり、明らかな勉強不足だと判断したら迷うことなく担当者を変更してもらいましょう。

 

こちらの希望を聞いてくれない担当に注意!

転職エージェントの利益は、企業側から広告費をもらう公開求人と、転職者の年収からマージンをもらう非公開求人の2通りがあります。

 

一般的には非公開求人に転職者を内定させた方がエージェントの売上は高くなる仕組みですので、公開求人よりも非公開求人を進められることがあります。しかし、それ自体は問題ではありません。なぜなら非公開求人は、転職希望者にとっても転職エージェントを利用する上での大きなメリットだからです。

 

では、注意すべきことは何なのでしょうか?

 

それは、自らのノルマのためにミスマッチな非公開求人を紹介する担当者です。転職エージェントもボランティアではないのである程度は仕方ありませんが、希望条件とかけ離れた求人に応募する必要はありませんので勇気を持ってノーと言えるようにしましょう。そして、本当に親身になってくれる担当者への変更を依頼するようにしましょう。

 

ここまで色々とネガティブな内容を書きましたが、いい担当者に出会うと転職エージェントの利用価値は数段跳ね上がります。転職は人生のターニングポイントです。求人内容だけではなくパートナーでもある担当者も妥協せずに決めましょう。

担当者を変更してもらうための処世術

転職エージェントに登録し、いざ転職活動をしようとしたら担当キャリアコンサルタントとの相性が合わずにヤル気がそがれてしまった・・・という経験はありませんか?

 

これから転職エージェントを利用する人も現在利用している人も、キャリアコンサルタントとの相性が合わないときには、エージェント側に悪い印象を与えることなく担当者を上手に変更しましょう。

 

担当者のどこが嫌なのか明確にしよう!

合わない人というのは、どこにでもいるものです。考え方や、物事の運び方、人間性など挙げたらキリがありません。

 

しかし転職エージェントの場合、理由も伝えず安易に担当変更を希望するのは得策とは言えません。エージェント企業から「この人は内定先でも同じことをするのではないか」と思われてしまう可能性があるからです。

 

そこで、どうしてその担当者は嫌なのかを明確に伝えましょう。

  • 提案内容が希望に沿ったものではない
  • 業界知識に乏しく不安がある
  • ○○を何度伝えても改善してもらえない

ここで言葉を濁す必要は必要ありません。なぜなら意見をシッカリ伝えないと、同じことの繰り返しになってしまうからです。自分に合った転職エージェントの担当者を探すことは、自分に合った求人に直結していると考えてもいいと思います。

 

担当者の変更は誰にどのタイミングで伝えればいいの?

「担当を変えてください」と本人に伝えるのは勇気がいりますよね。そこで、どこに連絡したらスムーズにことが運ぶのでしょうか?それは、転職エージェントが設けている相談窓口に電話、もしくはメールで相談をするというのが一番確実のようです。

 

もしくは、初回にもらった名刺に部署の電話番号があると思います。そこに電話をして、担当者の上司に相談をするということも良いようです。

 

あまり公にはされていませんが、相談窓口よりも直接上司と話をした方が早いようです。なぜなら、相談窓口は現場の状況がわかっていないことが多く結局「担当部署に確認して折り返します」という返答になるからです。相談窓口はあくまで相談、決定をするのは担当部署の人なのです。

 

説明の二度手間や、自分の意見がねじ曲がって伝わる危険を考えると、直接担当部部署に連絡するのが一番だと思います。

 

もちろん担当キャリアコンサルタントの変更は可能ですが、きちんと理由を伝えなければ意味がありません。なぜ担当を変えてほしいのか明確にしたうえで、相談・依頼をするようにしましょう。

就職・転職エージェントの賢い選び方 記事一覧

転職をしたい!でもちゃんと自分に合った企業に就職ができるのか不安?といった方は多いのではないでしょうか。そこで、オススメしたいのが転職エージェントサービスです。転職活動をしたいけれ...

転職をしようと思った時、みなさんならまず何をしますか?多くの方は転職サイトを見ると思います。しかし、そこで公開されている求人がごく一部で更に好条件の求人情報を得られないとしたら。転...

転職活動の際、最低でも登録するといいとされているのが大手2社、中小1社。この合計3つの転職エージェントを活用すると効率がいいとされています。大手と中小手を大きく分類すると、大手は「...