ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

もらえるものはもらって次へ!ボーナス転職の進め方

転職をするときに、やはりもらっておきたいのはボーナスですよね。これがあるとないとではその後の生活も大きく変わってきます。

 

しかし、もらうものだけもらって違う会社への転職というのは、印象的にもハードルは高いことは事実です。転職準備から退職までの期間をしっかりと立て、その期限どおりに事を進めていくのが前提条件になります。

 

まずはきちんと会社のスケジュールの把握をした上で、慎重に転職活動をスタートさせましょう。

内定はボーナス支給前にもらっておこう!

転職先が決まるベストのタイミングは、ボーナス支給の一ヶ月前がベストです。これは、今までお世話になった会社でのやり取りを穏便に済ませるためにも、長い期間が必要となるためです。

 

基本的には内定をもらった後に、退職届を渡してからボーナスをもらうのが良いでしょう。くれぐれも気をつけなければいけないのは、ボーナスをもらう前に退職届を出すのは注意が必要です。できるだけボーナス前に転職するということを知られるのも避けるようにしましょう。

次の入社までに三ヶ月は覚悟しよう

内定後の三ヶ月間で退職届やボーナス、そして仕事の引継ぎの期間として利用しましょう。特に引継ぎ期間は重要です。ここでの印象で「ボーナスをもらって逃げた」という印象になるかどうかが決まります。

 

退職届を出すことやボーナスを受け取ること自体は短期間で済むことですが、仕事の引継ぎにはどうしても時間がかかります。その時間をきちんと確保し、しっかりと最後の仕事をこなすことが悪い印象を残さず次へ行く一つの努力となります。

 

この点に関しては、内定をもらった企業としっかり話をして時間を確保することが大切です。

転職は諦めも肝心

人付き合いというのは、私たちの生活では切り離すことのできないものの一つです。ボーナスが欲しいという欲求はわかりますが、時としてそれを諦める必要もでてきます。

 

今いる会社のボーナスはもらえても、次の企業のボーナスはもらえない、もしくは逆のケースが出てくる可能性もあります。そういう場合はどちらを優先するか、何を優先して行動するのか、事前によく考えておきましょう。