ニート フリーター 就職

転職エージェントが紹介する企業はブラック企業が多い?

転職エージェント ブラック企業

 

転職エージェントを利用する上で気になることの一つとして求人の質があります。「転職エージェントからブラック企業や待遇の悪い求人を紹介された」という体験談を目にしたり、人伝に聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?。

 

では、転職エージェントが紹介する求人は本当に質が悪いのでしょうか?紹介求人の裏側に迫ります。

紹介求人はキャリアコンサルタントの判断

私自身が転職エージェントを利用したときは、大手エージェントと業種特化型エージェントを利用しました。

 

その際に紹介された求人の多くは、いわゆる“非公開求人”でした。その求人企業はどれも、業界で働いていない人でも一度は名前を聞いたことがあるであろう企業がほとんどでした。

 

このように特別なスキルやキャリアがなくても有名企業・人気企業の紹介はしてもらえますが、それは名刺代わりに紹介されるような印象を受けました。「弊社はこういった企業の求人を紹介できるんですよ!」といった信頼を得たいがための紹介のように感じたのです。

 

その非公開求人にも実際に応募はできますが、「募集企業側のスタンスとしては、いい人がいたら紹介してくださいといった内容になりますので書類通過が難しいのです。」と担当者から言われたからです。

 

その後の紹介企業は、有名企業ではないですが業績が上がっている企業を中心に紹介がありました。

 

業績が好調な企業の求人を紹介してもらうコツは、やはりキャリアコンサルタントとの最初の面談で自分のキャリアビジョンをしっかりと伝えることです。前向きな転職であるということを伝えることで、企業にとっても魅力的な人物だと判断してもらえるとがポイントになります。

紹介される求人の質が悪いと感じたときはどうする?

業績が好調な企業の求人にも二通りあります。

  • 人材不足のために求人を出している企業
  • いい人材がいたら採用したいと考えている企業

 

人材不足の企業に対しては、転職エージェント側としても紹介することによって内定率があがり早期に結果が出やすいといったことで、キャリアコンサルタントも積極的に紹介をしてくる可能性が高いです。

 

ノルマが厳しい転職エージェントはこういった案件を推してきます。そのため転職者の希望に沿わないものでも、残念ながら求人紹介件数としてカウントされてしまいます。

 

そのようなことが続いた場合の対処方法としては、まずは担当のキャリアコンサルタントと希望条件のすり合せをもう一度きちんとすることです。それでも改善されない場合は、キャリアコンサルタントの変更を申し出ることをおすすめします。

転職エージェントから紹介された案件の上手な断り方

転職エージェントを活用していると、時に意に介さない求人を紹介されることや面接を断りたい企業などが出てくることがあります。

 

こんなとき、求人を紹介してもらう立場だと少し断りにくいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?こんなときは、いったいどのように断れば角が立たないのでしょうか?

 

転職エージェントに登録をすると、求人を紹介される場合、対面で紹介される事はあまりありません。基本的には電話やメールで求人の紹介をされますので、断るのが苦手という人でも案外断りやすいのはないでしょうか。

 

もし対面・電話で求人を紹介された求人があまりピンとこない場合は、あらためてメールを送ってもらうようにましょう。

 

メールを送ってもらう依頼の仕方は、次の2パターンが良いでしょう。

  • 「いま出先でメモが取れないので詳細をメールで送ってください。」
  • 「企業の詳細を見てから回答をしたいのでメールを送ってください。」

 

このように依頼してメールを送ってもらえれば、対面や電話と違い直接断るスタイルではありませんので、言葉を選んでメールの返信で断ることが可能ですので断りやすいですよね。

 

求人を紹介されたその場で断ってももちろんOKなのですが、きちんと検討をした結果NOという答えを出したという印象を与えることができますし、応募を断る理由も添えてメールするとエージェントも納得してくれやすいので、以降しつこく勧められることも少なくなります。

 

転職エージェントを納得させる理由がないと、担当のキャリアコンサルタントによっては強引に話を進められてしまう場合もありますので要注意です。

求人を断ると紹介件数が減る?

私自身、転職エージェントを利用しているとき、ピンとこない求人は断っていましたが紹介求人が減るということはありませんでした。

 

紹介求人数を増やすことで内定率を上げたいのが転職エージェントの本音ですので、ノルマの厳しいキャリアコンサルタントは転職者の内定を最優先に考えます。つまり、見込みのない求人をしつこく紹介するよりも、紹介求人数を増やし内定率を上げた方が自分自身のメリットにもなるということです。

 

もし、紹介される求人の方向性が違うと感じた場合は、率直にキャリアコンサルタントに相談をしてみてください。この時はメールよりも実際に会って話をするか、電話で相談すると話が伝わりやすいものです。

 

紹介された求人を断っても今後の転職活動に影響はありませんので、上手に断ることで転職エージェントとの関係を上手に築きましょう。