ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

転職エージェントの裏事情

転職エージェント 裏事情

 

転職エージェントを利用しても、なかなか思うように転職活動が進まない・・・。

 

求人数も多く、内定率も高いはずの転職エージェントで、いったいどうしてそのようなことが起きるのでしょうか?

 

そこで、転職エージェントの裏事情について、徹底解剖いたします。

 

水面下で行われる、競合他社との転職者の取り合い

多くの転職エージェントが存在するということは、競合会社間で求人の重複があるということになります。エージェントはもちろんそのことを把握していますので、初回面談に行くと他に転職エージェントや転職サイトを利用しているか聞かれますよね。

 

「転職の進捗状況を知っておきたい」と言われますが、本音はどこの競合に登録しているのか確認をするためです。ここで正直に答えてしまうと、なんとか少しでも早く自社で内定を出そうと、こちらの都合に関係なく営業をかけてくることがあります。

 

なぜなら、転職エージェントの紹介求人(非公開求人)は掲載無料、内定確定後に募集企業から報酬をもらうシステムになっています。つまり掲載だけなら募集企業は支出がないので、複数の転職エージェントに求人を掲載しているケースがほとんどなのです。そのため転職者を取り合う水面下での競合争いが勃発してしまうのです。

 

情報不足は命取り?強引なエージェントの言葉を鵜呑みにしない

「忙しいから、転職エージェントに全て任せる。」そういうスタンスでの転職活動も“有り”だと思いますが、転職エージェント各社は自社から内定させたいものです。

 

登録している転職希望者が、「他社の転職エージェントから紹介された企業で内定をもらっている」と言うと、強引なエージェントはどうするのでしょうか?

 

「その企業はブラックだ」「すぐに退職する人が多いですよ」などと、内定企業についてネガティブな情報を与え内定を見送らせたりすることもあるのです。

 

また、「他社から紹介されたの本命企業の通知がまだだから検討したい」と言うと、「早く返答を出さないと採用見送りになりますよ」などと言って意思決定を急がせることもあります。

 

内定をくれた企業が、本当に評判の悪い会社なのか?ブラック企業なのか?自分自身でも調べるということが、強引なエージェントに振り回されずに自分の理想の転職に繋がっていくのです。

 

無料で利用でき、サポートも受けることができる転職エージェントは多くのメリットがありますが、こういった裏事情を知っていることで転職成功するかどうか明暗が分かれます。

気になる転職エージェントの内部事情

私が以前勤めていた会社には、某有名転職エージェント会社で勤めていた上司が数人いました。皆さん明るく前向きで営業力が高く、目標までのビジョンをしっかり持っていたので在職中はとても勉強になりました。

 

なぜ、このような話をしたかというと、転職をする際にサポートしてくれる転職エージェントのキャリアコンサルタントがどんな人達なのか気になりませんか?

 

転職エージェントの内部事情を、少しだけお話しさせてください。

 

体育会系!妥協をしないポジティブ思考の人が多い

人材業界はノルマも厳しく、人の入れ替わりが多いことで知られています。ノルマを達成しつつ転職者の人生を左右することに携わっているという責任の重さは計り知れません。

 

そんな環境で仕事をしているので、1つ1つの案件に取り組む本気度はいつでも100%以上。同期がどんどん少なくなっていく中、残っている人達の団結力はとても強いものです。

 

元上司たちはその団結力から会社設立もしましたし、転職者のパートナーとして常にビジョンを持って仕事をしていて、キラキラして見えたことが印象に残っています。

 

転職エージェントには社会貢献をしたいという人が多い

転職エージェントには人と話すことが好きな人がとても多いです。実際、元上司も転職エージェントでお世話になっていた担当者も、アイスブレイクの時間が一般的な営業職の人よりも長く、すぐに打ち解けることができる人達でした。

 

その元上司と転職エージェントの担当者に同じ質問をしたことがあります。「どうして厳しい人材業界を選んだんですか?」と。

 

2人は全く違う転職エージェント企業に勤めていましたが回答は同じでした。「自分の仕事が人のためになるのが嬉しいから」その回答を聞いた時には、面接の模範解答ではなく、本当にそう答える人がいるんだととても驚きました。

 

転職エージェントという仕事を選んでいる人は、ビジョンをしっかりと持ち、切磋琢磨しながら転職者と一緒に成長している存在です。人生を預けてもいい、そう思えるエージェントにあなたが出会えますように。

求人数が多くても応募できないその理由

転職サイトに比べ多くの求人を保有しているので、本来であれば多くの企業に応募できるはずなのですが、実際は全然応募できなかったというケースがあります。

 

「求人数が多いのに、どうして応募できないの?」。そんな転職エージェントの落とし穴について説明します。

 

いくら保有数が多くても紹介できる求人は限られている

学歴やキャリアが条件に満たさない求人に関しては一切紹介してもらうことができません。たとえ、自分が希望する企業や条件であっても、応募条件を満たしていなければ紹介は不可能とされてしまいます。

 

今に始まったことではありませんが、募集企業が大手になればなるほど、どうしても学歴やキャリアを重視する傾向があります。

 

起死回生の手段として、スキルがあれば僅かながら希望は見えます。つまり、キャリアアップを希望しての転職の場合、在職中にしっかりスキルを身に着けておくことがポイントになってきます。

 

自分の希望に合った求人ではないものを紹介される

こうなりたい、というキャリアビジョンを持って転職活動をしている人にとって、自分の希望に沿わない求人ばかり紹介されては困りものですよね。

 

しかし、実際の現場ではそれがあるのが転職エージェントです。キャリアや学歴から内定が難しいと判断されてしまうと、確実に内定が取れる求人を紹介されるのです。

 

転職エージェントは転職者が内定し、年収が確定して初めて売上が上がります。年収が低くても内定がでなければ、これまで尽力してきたことはエージェント側からしたら無意味になってしまいますので、現状での打開案を提示してくるようになるのです。

 

仮にこのような状況に陥ったとしたら、新しい転職エージェントに登録しましょう。「エージェント都合の転職」に付き合う必要はありません。

 

転職は人生において大事な転機です。転職エージェントにとっては、何十回、何百回目の求人紹介でも、あなたにとっては大事な1回ですので、そのことを理解してくれる転職エージェントのサポートを受けましょう。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

ハタラクティブハタラクティブ

JAIC(ジェイック)JAIC(ジェイック)

※ニート・フリーターの方が就職を成功させるコツは特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。