ニート フリーター 就職

転職エージェントと転職情報サイトの違いとは

転職を考える際、多くの方がまず行動することと言えばネットでの転職サイトの検索ではないでしょうか。自宅に居ながら、気軽に検索することができますし、希望条件をキーワードで指定して簡単に求人を調べることが可能なのでとても便利なものです。

 

また、転職エージェントもサイトを設けていますので、求人の検索が可能です。

 

転職エージェントと転職サイト、この2つ一体なにが違うのかわかりやすくまとめました。

転職エージェントと転職情報サイトのメリット

まず、大きな違いを述べるとすれば、転職サイトは自分1人で転職活動をするすること。転職エージェントは担当者がつき、二人三脚で転職活動をすることです。

 

大まかに2つの違いを比較してみましょう。

 

転職エージェント
  • 求人探し、日程調整などすべて転職エージェントが行う
  • 希望を伝えるだけで自分に合った求人を提案してくれる
  • 転職の悩みなど気軽に相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる

 

転職サイト
  • 求人探し、日程調整などすべて一人で行う
  • 自分の希望に合った求人を徹底的に調べることができる
  • 空いた時間に気軽に検索が可能
  • 自分のペースで転職活動ができる

 

どちらもそれぞれメリットがあります。両方の特性を認識した上で転職活動をすることで、自分に合った会社が見つかるのだと思います。

上手に使い分けて情報を収集しよう!

前述したとおり、転職エージェントには転職サイトでは公開されないような非公開求人があります。

 

転職サイトに非公開求人がないとは言いません。しかし、企業側の条件にマッチし、転職サイト側から声をかけてもらわない限りその情報が手に入ることはありません。

 

また、自分だけで転職活動をして内定がいくつも取れる人というのはごく少数だと思います。そうでなければ転職エージェントという職種自体世間に認知される事はなかったでしょう。

 

転職サイトを見ても、ピンとくるものがないこともあるでしょう。さらに、求人広告と実際の会社の雰囲気の差異というのを見極めることは素人にはとても難しいことです。

 

そこで、相談に乗ってくれるのが転職エージェントです。

 

実際に転職エージェントが所属している企業がその求人を知らなくても、そこはプロフェッショナル軍団。業界に精通しているので、ある程度の情報というのは把握して共有してくれます。

 

転職サイトでの転職に頓挫したり、求人情報が少なくてなかなか応募に踏み切れない、そもそも求人を精査する時間がない。そういった時は是非、転職エージェントを頼ってみてください。

 

転職エージェント、転職サイトそれぞれの特性を把握し上手に使い分けることが転職成功のポイントです。情報が足りない、時間が足りない、そんな時は転職エージェントを活用してみましょう。