ニート フリーター 就職

30代の就職で成功するための方法

30代の就職・転職はやることがたくさんあります。その理由は、30代のほとんどが職場での実務において中心を担っている人材が多いからです。

 

担当業務や責任も多く、プロジェクト運営をしている人もいるでしょう。そんな中での転職活動を成功させるにはどうしたらいいのか。社内での立ち回り方や時間の作り方についてまとめました。

 

年収アップを狙うなら転職エージェントの利用するべき

30代の転職において注目したいのはやっぱり年収面なのですが、これまで積んできたキャリアや経歴が邪魔をして、横柄な態度を取る人が多く見受けられます。

 

もちろん、その態度と経歴がマッチしていれば年収交渉は容易いかもしれませんが、その態度が命取りになることも多いのです。

 

高すぎるプライドは社風を乱すと考えられ、不採用。仮に採用となっても契約社員や派遣、アルバイトの契約となってしまう可能性があります。せっかく積んできたキャリアのアピールが身を結ばないのは非常にもったいないですよね。そこで利用したいのが転職エージェント。

 

転職エージェントはあなの右腕として、日程調整や年収交渉をしてくれます。現在の職場で忙しく、物理的に転職活動に時間を割けないというビジネスパーソンにとっては重要なサービスの一つと言ってもいいでしょう。

 

30代に求められるのは即戦力性

30代の多くは社会人経験が10年、もしくは相応のキャリアを持っています。もちろん新卒や第二既卒とは違います。

 

即戦力になれる自信がない場合、転職を見合わせるのがおすすめです。現在はニートやフリーターの方の場合は、まずスキルアップを目指しましょう。

 

その理由は、待遇や給与面で現状よりも下回ってしまう可能性があるからです。それでも、その業種で挑戦したいという強い気持ちがあれば違いますが…。

 

年齢相応のキャリアとスキルがすでに備わっているのであれば、キャリアアップを目指しましょう。方向性や業種を的確に選べば問題はないと思います。ここでも、転職エージェントの利用が方向性を間違えない指標となってくれるはずです。

 

今まで培ってきたことを武器に、現状よりも上を目指していきたいですね。