ニート フリーター 就職

ニート・フリーターの就職サイト人気ランキング

20代の就職で成功するための方法

20代での就職・転職は、キャリアアップや年収アップだけではありあません。未経験業界への挑戦をしたいと考える人が多く、仕事に対しての価値観も定まってきます。また、これまでのニート生活やフリーター生活からの脱却を目指して行動を始めた方も多くいます。

 

人生のほとんどを費やす仕事について、考えるのもこの年代の特徴です。そんな20代のための転職成功ノウハウについてまとめました。

 

就職・転職したい業界について必ずリサーチしよう!

現在働いている業種でも、これから挑戦したいと考える業種でもやることは同じです。その業界についてのリサーチをし、採用状況などを調べることが大切です。

 

いざ、就職・転職活動をスタートさせても、求人がなければ前に進むことができません。転職に最適な時期は人事異動や人の入れ替わりのある3月、9月、10月ごろが最適とされています。もちろん、この時期以外の求人も多くあるので定期的に情報のチェックをしましょう。

 

ここで注意したいのが、「今すぐ転職したい」と後先を考えずに行動してしまうことです。転職をしたいと考えるとき、一番最初に浮かぶのはネガティブなことだと思います。

 

人間関係がうまくいかない、仕事が単調でやりがいを感じない、などなど。このネガティブをバネに無計画に退職、転職活動をしても成功できるとは限らないのです。1か月~3か月の余裕を持って転職活動をしていきましょう。

 

志望動機は簡潔に

以前、私が採用業務に携わっていた際、20代応募者に多く見られたのが志望動機が回りくどい人が多いということです。やる気に満ち溢れているは伝わるのですが、自分のことばかりで応募企業でなくてはいけない理由が見えてこないのです。

 

伝えたいことがたくさんあるのはわかりますが、自分のことだけではなく入社したらどのようなことを実現できるのかを簡潔にアピールするのが良いですよ。そのためにも入社後のビジョンを持ち、志望動機に記入しましょう。

 

ポテンシャル採用で注目されること

ポテンシャル採用では、即戦力採用とは違い、やる気や前向きさ、人を引っ張っていくリーダーシップに注目されます。成長の伸びしろや、社風に染まれる素直さをアピールしていくのも好印象を与えることができます。